【派遣社員として働くための基礎知識】紹介予定派遣は遠回り!?働く側にはデメリットの方が大きい

派遣社員として働くための基礎知識】紹介予定派遣は遠回り!?働く側にはデメリットの方が大きい

紹介予定派遣とは?

人材紹介と人材派遣の合いの子のような紹介予定派遣という仕組みをご存知でしょうか?

「せっかく努力に努力を重ねて、数回の面接を乗り越えて正社員になったのに、入ってみたら全然話が違って、いわゆるブラック企業・・・」

「職務経歴書から読み取れる経験スキルや、面接での受け答えから即戦力で成果をあげてくれると期待したのに、実際働き始めたら全く仕事ができない・・・」

こんなミスマッチってよくありますよね。

紹介予定派遣は最長6ヶ月間の派遣期間を経て、両者が合意すれば、派遣先企業に直接雇用されるという仕組みです。

派遣期間の数ヶ月間の間に、労働者は実際の仕事内容や職場環境などを確認でき、企業側はその人の働きぶりを確認できるという意味で、ミスマッチを解消できるなかなか良い仕組みなのです。

紹介予定派遣のポイント

ご参考に紹介予定派遣のポイントをご説明します。

  • 人材派遣は面接行為を禁止されているが、紹介予定派遣は面接可
  • その面接回数に制限はない(実態は1-2回が一般的)
  • 派遣期間は最長6ヶ月間
  • 間に契約更新を挟んでも可、つまり3ヶ月間の契約を2回繰り返した上で、直接雇用となるか両者が判断するといった仕組み
  • 直接雇用の雇用形態は正社員に限らず契約社員やアルバイトでも可
  • 直接雇用の成立は両者の合意、不成立となっても特に罰則などはない

こうしてポイントを列記すると、雇用のミスマッチ解消には有効な制度ですが、企業側に有利なポイントの多い制度と理解できます。

働く側からすると紹介予定派遣は遠回り、メリット・デメリットは?

派遣会社営業担当の私としては、紹介予定派遣はずいぶん企業側に有利な制度で、働く側からすると、直接雇用というゴールに向かってとても遠回りをさせられる制度だなと感じます。

紹介予定派遣の働く側からみたメリット・デメリットを私なりに整理してみました。

メリット

  • 直接雇用になるまでに職場を体験できるのでミスマッチが少ない
  • 入り口が派遣という事で、比較的採用ハードルが低い

デメリット

  • 面接という選考行為に加え、派遣期間は毎日が選考のようなもので、実質的な選考期間が非常に長い
  • 実質的に長い選考期間の中で、企業側が直接雇用をしないと判断しても罰則などはなく、働く側が圧倒的に不利
  • 企業側の判断で直接雇用が不成立となった場合、職歴が一つ増えてしまい、後々の転職活動に悪影響

つまり、働く側からみたときに紹介予定派遣のメリットは少なく、企業側に有利な制度だということがわかります。

私自身が利用するのであれば、普通に直接雇用の面接を受けたのでは採用されない大手企業や、どうしても入りたいと思えるような企業でなければ紹介予定派遣は利用しません。

まれに契約社員の紹介予定派遣がありますが、契約期間が決まっていて、採用ハードルも正社員より低く、契約期間内で両者見極めの機会があるのに、なぜわざわざ紹介予定派遣という仕組みを利用するのか理由がわかりません。

紹介予定派遣を検討されるのであれば、本当にこの制度を利用する意味、価値があるのか、重々考えてから利用することをおすすめします。

更新情報はTwitterに配信しています!