【派遣スタッフのためのキャリア・ライフ・マネープランニング】実はお得で充実している日本の社会保険の基本①

【派遣スタッフのためのキャリア・ライフ・マネープランニング】実はお得で充実している日本の社会保険の基本①

「派遣スタッフのためのキャリア・ライフ・マネープランニング」、初回の記事は社会保険の概要です。ちょっと小難しいですが基本を理解すると、のちの理解が楽になりますので少々お付き合いください。

実はお得で充実している日本の社会保険

日頃、テレビや新聞などで目にする報道では、日本の社会保険の至らなさや財政的な危機ばかりが取り上げられますが、日本は世界各国と比較しても、とても安い保険料で手厚い保障が受けられる優秀な社会保障大国です。

保険料が安い分、税金が投入され財政を圧迫しているは大きな問題なのですが、この社会保険の内容を把握せずに民間の保険加入を検討するのはとてももったいないことです。税金が投入されているということは、その分の保険料を自分が払わなくて済んでいるということであって、それだけ考えても民間の保険よりもお得だと感じませんか?

ほとんどのリスクをカバーしている日本の社会保険

まずはざっくりと日本の社会保険を理解してください。

死亡・障害・老齢・医療・介護などさまざまなリスクをまんべんなくカバーしていることがわかります。

これだけ見ても、すでに大半のリスクに対して社会保険で対応ができており、民間の保険だけで対応を考えるようなものではないことが理解できると思います。

人材派遣という働き方も「会社員」という区分であり、それぞれの保険の加入要件を満たせば強制加入になりますから、せっかく保険料を払っている以上は使えるものは使い、貰えるものはもらってきたいですよね。

そのためには全体像の理解と、それぞれの保険の仕組みを正しく理解しておくことが大事です。

会社員と無職・自営業では保障の厚みが全く違う

人材派遣で働く場合、派遣先が変わったり、次の派遣先が決まるまで間隔が空いたりして、ずっと正社員で働いていて社会保険について考える機会の少ない人に比べると、より正しく社会保険の仕組みを理解する必要があります。

年金と健康保険は会社員なのか、無職・自営業なのかによって保障や保険料がずいぶん違います。

国民年金と厚生年金の違い

国民年金は無職・自営業の人向けの年金ですが、保険料が安い分、支払われる年金額も低く、国民年金の年金額のみで生活することはなかなか難しい年金額です。

会社員向けの厚生年金は、国民年金+厚生年金という組み立てであり、保険料が高いこと、また保険料の半分は事業主が負担することから国民年金よりも多くの年金額が給付されます。

保険料の半額は事業主が負担してくれるので、自分の払っている保険料の割に保障は手厚いというお得な制度です。

健康保険と国民健康保険の違い

人材派遣を含む会社員が加入する健康保険は次の2つの種類があります。

  1. 協会けんぽ(中小企業の従業員とその家族)
  2. 組合健保(大企業が独自に運営する健康保険組合)

いずれも事業主が保険料の半額を負担するため割安な保険料であること、医療費の3割自己負担だけでなく、高額療養費や傷病手当金など、まさかの時の制度も手厚い公的医療保険です。

対して自営業者や学生などが加入する国民健康保険は事業主負担がないために、一般的に健康保険よりも保険料が高く、保険主体となる自治体によって保険料の差があるとともに、傷病手当金の制度がないため、大きなけがや病気で働けない期間が発生したときのために何かしらの備えが必要です。

小難しい話が長くなりましたので、続きは続編にしたいと思います。

続編②はこちら

更新情報はTwitterに配信しています!