【派遣社員として働くための基礎知識】2018年末、派遣法3年ルールで派遣スタッフが大量派遣切り?

【派遣社員として働くための基礎知識】2018年末、派遣法3年ルールで派遣社員が大量派遣切り?

派遣法3年ルール、2018年問題とは?

2015年9月30日に改正された派遣法ですが、改正の目玉の1つが、いわゆる「人で3年」と言われる3年ルールです。

これは同じ職場で派遣として働くときに、「派遣は不安定だから、長くても3年までにしなさい」という派遣法上の規制です。

今年は派遣業界では「2018年問題」という業界の試金石ともいうべき対応に派遣会社各社が直面しています。

  1. 2015年9月末に改正された派遣法により、改正後3年となる今年、3年経ったスタッフを派遣元か派遣先により直接雇用をして雇用を安定させ、派遣法3年ルールの対象外にして就業を継続させるのか、それともそのまま終わりにしてしまうのか選択をしなくてはならない
  2. 2014年4月に改正された労働契約法により、改正後5年間有期雇用を繰り返してきたスタッフを直接雇用しなければならない

超売り手市場の昨今、長期に働いてくれていた人=優秀な人、という仮説に立てば積極的に直接雇用をして囲い込みたい、だけれども売り手市場での派遣会社の盛況もいつまで続くかわからないし、そんなに雇用のリスクを取れない・・・派遣会社各社は年明けからそんなジレンマに悩まされてきました。

派遣法3年ルールについて、3年満期を迎える人は2つのパターンに分かれます。

  1. 派遣法改正以前より就業していて、改正施行の2015年9月30日には、すでに次の更新契約、2015年10月1日〜2015年12月31日の契約更新がされていて、改正法の適用、つまり3年のカウントが始まるのが2016年1月1日=抵触日は2019年1月1日=これまで通りに派遣で働けるのは2018年12月31日までの人
  2. 派遣法改正後に就業スタートした人。つまり就業開始日+3年が抵触日=これまで通りに派遣で働けるのは抵触日の前日までの人

圧倒的に多いのは1のパターン、つまり放っておくと、今年の12月末に大量の派遣社員が派遣法の要請からいっせいに離職することになります。

これぞ、官製雇用不安といったところですが、「派遣は一時的な雇用」という建前を押し通した法改正が、逆に雇用不安を引き起こしてしまったという典型例ですね・・・

派遣会社で働く私が言うと「都合のいいことばかり言って」と怒られそうですが、まぁこの法改正は筋が悪すぎますね・・・誰も得しないんですもん。

派遣会社各社の対応は?

と、言うわけで今年はてんやわんやの派遣業界。年末を控えてフタを開けてみると、各社考え方は結構分かれました。

  • 一部大手派遣会社は派遣法3年ルールでの直接雇用はしない=つまりスタッフの入れ替え
  • 一部大手派遣会社は積極的に直接雇用してスタッフの囲い込み
  • 中小以下は色々ですが、概ね直接雇用してスタッフを囲い込みの方向、ただし、もともと正社員に対しても安定的な雇用をしているわけではない派遣会社も多く、とりあえず派遣先へのアピール含みでそう言っているよう

今後の景気なんて誰もわかりませんから正解なんてないと思いますが、私のいる会社は積極的に直接雇用をする派遣会社です。

派遣先やスタッフさんには拍手喝采頂きますが、社員数が一気に2倍〜3倍になっていて、ちょっと不安になりますね。

私のホンネ

営業担当としては、この大量に直接雇用した方々、先々だいぶ不安です。

別に個々人がどうこうと言うことでなく、基本的に派遣先に行って頂く方として直接雇用してますから、下のような問題が起きるのは明白です。

  • 派遣先に派遣すると言うことは現実的に派遣先の同意あっての事。年齢が上がるごとに派遣先の確保が難しくなる
  • 派遣契約は商契約であるため、景気の良し悪し、需要と供給の関係に左右される。かたやスタッフさんとは雇用契約で簡単に不利益変更はできない。今、スタッフさんに払っている給与を維持できるか?いわゆる逆ザヤの懸念
  • 派遣先が確保できなかった時は、「雇用主として働ける従業員に働く場所を提供しなかった」ということで休業補償の対象。このコストを長期的に維持できるのか?

ちょっと考えただけでも難題続出・・・私のいる会社は穏便な会社なんで激しい退職勧奨なんてしないでしょうが、下のような措置は予想されます。

  • 派遣先が確保できない人材の就業先として、単純データ入力や、ひたすらスキャニングなんかの事務系の受託案件を取り、とりあえず空いてしまった人はそこに入ってもらう、休業補償するよりマシと言う発想
  • 時給が高いのに、もしくは時給が高いから派遣先が確保できない人には職種転換を業務指示として行う。例えば事務の人にSEや営業など派遣契約の単価が高い職種。事実上の退職勧奨になりうるが、派遣先あっての話のため、ある程度のマッチングは必要

私みたいなベテラン営業担当には、こういう尻拭き系の仕事が回ってきそうな予感満載ですね・・・くわばらくわばら。

更新情報はTwitterに配信しています!