【派遣会社営業マンのクレーム対応報告】就業初日から欠勤し、ずるずると就業開始が先延ばしになっていく派遣スタッフPさんのトラブル対応①

【派遣会社営業マンのクレーム対応報告】就業初日から欠勤し、ずるずると就業開始が先延ばしになっていく派遣スタッフPさんのトラブル対応①

私の担当スタッフとして派遣先のK社で就業が決まった40代男性のPさんですが、就業初日から体調不良で欠勤し、ずるずると就業開始が先延ばしになっていくというトラブルがありました。

その際の経緯や対応について、営業日報形式でご紹介します。

派遣会社営業マンが、どんな事を考えて問題解決をしているのかがお分かり頂けます。是非ご覧ください。

トラブル経緯

●PさんはK社で事務職として就業開始する予定であった

●就業開始前日の夜になり、Pさんから「風邪をひいて体調がとても悪く、明日からの出勤ができない。就業開始日をずらしてもらえないか?」との連絡があった

●翌日も同様の連絡があり、ずるずると就業開始日が先送りになる懸念を抱く中、Pさんと約束していた都度の状況の連絡もなく、そもそもPさんにK社での就業意欲があるのかどうかを確認する必要が発生した

対応のポイント

スタッフへの対応のポイント

就業開始予定日に出勤せず、ずるずると欠勤を繰り返すという状況は一般的な感覚では考え辛い状況です。

体調不良や身内のご不幸など原因は様々ですが、経験上、就業初日から欠勤をするケースでは、結局就業開始ができなかったり、就業開始ができても、その後なんらかの理由で勤怠が悪くなり就業継続ができなかったりと、スタッフさんに振り回されるだけで、派遣先に迷惑をかけるパターンが多いのです。

とはいえ、最初からスタッフさんを疑ってかかるのもどうかと思いますから、日々の本人との勤怠連絡の中で、次のようなポイントをもとに対応する必要があります。

  • Pさんが就業意欲があるのに本当に体調が悪くて出勤ができないのか、なんらか別の理由で出勤をすることができず欠勤を繰り返しているのかを見極める
  • 「体調が良くなるまで数日様子を見ましょう」といった対応はせず、必ず毎日欠勤連絡をしてもらい、都度状況を確かめる
  • 通院を促し、早々に通院をしてくれるかどうかによって早期に出勤をする意思があるかどうかを推し量る、また医師の診断により病状を確認するとともに、派遣先に対して就業開始日の先伸ばしをお願いする会話の材料にする

本人が体調が悪いと言っているのに、疑ってかかるのは申し訳ない気持ちもありますが、派遣先にも迷惑をかけていますので仕方ありません。

また、日々コミュニケーションをとることで本人の考えを推し量ることもできます。

Pさんはたまたまタイミングが悪く体調を崩してしまったので、なんとか就業開始までサポートしてあげるべき人なのか、なんらか別の理由があって故意に就業開始日を先延ばしにしている人なのかという判断です。

対応経緯

日曜日(就業開始予定日の前日)

就業開始予定日は月曜日でしたが、その前日の日曜日の夜遅くにPさんから「風邪をひいて体調がとても悪く、明日からの出勤ができない。就業開始日をずらしてもらえないか?」との連絡がありました。

熱も38度近くあり、頭痛と寒気がひどく、とても出勤ができないとのことで、とりあえず派遣先担当者にメールだけ出しておき、週明けに事情を説明して就業開始日を1日延期してもらう調整をすることにしました。

また、Pさんには早期に体調を回復させることとインフルエンザでないかを判断するために、翌日月曜日には必ず通院をするとともに、その診断結果踏まえて、再度出勤日を決めたいので日中電話を欲しいことをお願いしました。

【約束】月曜日に通院し、診察結果をもとに再度の出勤日の設定するために電話をもらう

月曜日(就業開始予定日当日)

朝一番で派遣先担当者に電話をし、週末の昨晩にPさんより体調不良で初日から出勤することができないことをお詫びするとともに、本日Pさんが通院した結果を踏まえ、再度の出勤日を確定させたい事をお伝えしました。

担当者としては職場のメンバーに本日より出勤すると説明しているので、無理は言わないが出来るだけ早く再出勤するように釘を刺されます。

他の仕事に忙殺されてバタバタしているうちにあっという間に夕方になり、Pさんから連絡がないことを思い出しました。

慌ててPさんに電話をすると、「今日は体調が悪くて通院できませんでした。明日も出勤できなそうなので、もう一日出勤日を伸ばしてください」といいます。

あまりに軽い調子で言うので、さすがに腹が立ち、「相手あっての仕事なので、私が勝手に決められるわけではないですよ」というと、

「体調が悪いので仕方ないでしょ。なんとかお願いします」とらちがあきません。

しかたなく、一旦Pさんの希望を預かりましたが、明日は必ず通院をお願いしたいこと、明日の日中に通院したか否か、水曜日の出社が可能かどうかの連絡することを約束してもらいました。

【約束】火曜日に通院すること、通院の有無にかかわらず、日中に私に連絡し、水曜日の出社が可能かどうかを話し合う

派遣先に連絡し、本日Pさんはあいかわらず体調が悪く通院すらできず明日もお休みを頂くこと、だらだらと出勤日を先延ばしにするもの職場の皆様の心証が良くないと思われるので、再度の出勤日を三日後の木曜日に仮設定することを許可頂き、それまでに何かしらの進捗があったらご報告することを約束しました。

これで、再度の出勤予定日である木曜日まで少々時間の余裕ができました。

派遣先からは木曜日に出勤をすれば良いこととなったものの、Pさんにはあえてそれは言わず、日々状況の報告をお願いし、それを守ってくれる人かを検証することにより、Pさんが本当にK社での就業の意思があるのかどうかを推し量ることに決めました。

長くなりましたので、続きは続編にしたいと思います。

続編②はこちら

更新情報はTwitterに配信しています!