【派遣業界裏事情】人材紹介案件は紹介手数料の分、採用ハードルが高い

【派遣業界裏事情】人材紹介案件は紹介手数料の分、採用ハードルが高い

人材紹介とは?

人材派遣をメインに扱う私の勤める派遣会社でも、人材の紹介の仕方の一つとして人材紹介のサービスを行っています。

人材紹介は採用ニーズのある企業と、求職者を人材紹介会社がマッチングし、採用が決定することで企業側から紹介手数料を頂くという仕組みです。

現在は有効求人倍率(一人当たりの求人の数)がバブル期を超えるような超売り手市場ですから、どの企業も何らかの理由で人材を募集しているわけで、「ハローワークは無料だし、求人を出して応募者から選ぶ」なんていう受け身の採用活動ではなかなか良い人材は採用できません。

人材紹介は成功報酬型ですから、求人広告などに比べると費用対効果が良く、良い人材を確保する手段として、売り手市場であるほど採用企業の人材紹介へのニーズが高まります。

そういった背景を踏まえ、紹介手数料は年々高騰しており、つい数年前までは想定年収の30パーセントと言っていたものが、あれよあれよという間に35パーセント、今や40パーセントを口にする人材紹介会社もでてきました。

人材紹介が成功報酬型で、いくら費用対効果が高いと言っても、例えば想定年収500万円で紹介手数料35パーセントであれば175万円と、大手企業でもない限り、なかなか簡単に出せる金額ではなくなっているのです。

紹介手数料の高さが採用ハードルを上げる

採用する企業側からすれば、出来るだけ採用コストは安く、良い人材を採用したいと考えるのは当たり前です。

1つのポストに、無料のハローワーク、応募者から応募があればあるほど費用対効果の高まる求人広告といった媒体から応募があったときに、横並びで高額な紹介手数料のかかる人材紹介の候補者はどうしても不利になります。

採用企業の台所事情や考え方にもよりますが、同じレベルの人材であれば、最後は一番採用コストがかからない候補者を選ぼうという判断もおかしくないはずです。

では、人材紹介を使うと不利になるのでしょうか?

人材紹介のメリットを考える

人材紹介で転職活動をすることが求職者にとって不利なのであれば、人材紹介というビジネスがこれほど栄えるとも思えません。

やはり利用者にとって相応のメリットがあり、社会的に存在意義があるはずです。

人材紹介のメリット

  • ハローワークや求人広告では取り扱っていない求人を紹介してもらうことが出来る
  • 人材紹介会社のエージェント目線でマッチングした求人を紹介してもらうことができる
  • 応募企業にマッチした応募書類上のアピールの仕方、面接対策など、人材紹介会社の持つ、情報やノウハウを活用することができる
  • 残業時間や転勤の可能性など、直接応募では意欲を疑われることを恐れて聞くことができない質問をエージェント経由で確認できる
  • 直接応募ではなかなか切り出しづらい条件交渉をエージェント経由で行うことができる

無料のハローワーク、応募者から応募があればあるほど費用対効果の高まる求人広告といった媒体から応募があったときに、横並びで高額な紹介手数料のかかる人材紹介の候補者はどうしても不利という側面はあるものの、前述のような人材紹介ならではのメリットがあり、利用価値はあるのです。

つまりは、求職者がそのメリット最大限に活かそうという気持ちがなければ、人材紹介はただ採用ハードルを上げてしまうだけのものであり、求職者側のサービスへの理解と意欲が必要です。

私自身もそうだったのですが、人材紹介会社に登録に行き、20ー30の求人案件を目の前に並べられると、どうしても受け身になってしまい、本来転職を決意した理由がぼやけてしまいます。

転職理由は人それぞれだと思いますが、「こんな仕事をやりたい」「仕事と家庭とのバランスをとりたい」「もっと給与がほしい」といった自分の希望を叶えるための「手段」であった転職が、受け身に求人を勧められそれに応じていくことで、転職をすること自体に意味があるように錯覚してしまい、転職自体が「目的」になってしまうようなパターンです。

どんなサービスも使いようです。

人材紹介は求職者にとっては無料のサービスです。

無料である以上、それなりの理由があるわけで、人材紹介会社は求職者を「売上を作るための駒」くらいにしか思っていません。

極端な話、何度も人材紹介で仕事が決まっては、辞めて、また紹介してという求職者が一番ありがたいわけで、やはり求職者側の主体的な取り組みが重要なのです。

更新情報はTwitterに配信しています!