【続編②】【派遣会社営業マンのクレーム対応報告】派遣先担当者から突然「Rさんがセキュリティ事故を起こしたので、解雇してほしい」というメールがあった派遣スタッフRさんのクレーム対応②

【続編②】【派遣会社営業マンのクレーム対応報告】派遣先担当者から突然「Rさんがセキュリティ事故を起こしたので、解雇してほしい」というメールがあった派遣スタッフRさんのクレーム対応②

【派遣会社営業マンのクレーム対応報告】派遣先担当者から突然「Rさんがセキュリティ事故を起こしたので、解雇してほしい」というメールがあった派遣スタッフRさんのクレーム対応①でお伝えしたH社で2年近く働くRさんの新任の派遣先担当者が、ある日突然「Rさんがセキュリティ事故を起こしたので、解雇してほしい」というメールを送ってきた件ですが、その真意を確認するための新任課長との商談で、理解しがたい主張をされる課長に、私は混乱するばかりなのでした。

前回までの経緯

●Rさんの派遣先担当者である新任課長こら「Rさんがセキュリティ事故を起こしたので、解雇してほしい」というメールが、届き、事前にRさんに様子を確認したが、特に変わったそぶりはなかった

●新任課長から話を聞くと、Rさんが顧客情報を持ち出しているとの指摘で、当社がH社と取引停止にならないように内々で処理しようとの提案があった

●当社としては、あとからセキュリティインシデントが表面化した場合、インシデントを起こしたということと、インシデントを隠したという二重の問題になり、ますますH社との取引停止のリスクが高まることから、総務部も絡めての問題解決を提案した

●まだRさんへの疑いは検証されておらず、総務部の関わりは第三者的な見地からも必要になる

●私からの提案に新任課長は何故か逆上し、「そういうことではなくて、今回の件を受けて、御社がRさんに対してどういった処罰をするのかを聞きたいんだ!」と迫ってきた

対応経緯

課長との商談

「インシデント対応は、取り決め通り、総務部も絡めて対応したい」という私からの提案に逆上する課長に、私は戸惑います。

まだ、当社としてRさんに何も確認していないですし、「今回の件を受けて、御社がRさんに対してどういった処罰をするのかを聞きたいんだ!」と言われたところで正直何も答えようがないのです。

私は課長に言いました。

  • 課長からのご指摘は理解したが、当社はまだRさん本人への事実確認も終えていない。まずは本人へのヒアリングをしたい
  • なんの根拠もなく本人に疑いの言葉を伝えるわけにもいかず、顧客情報がいつ、どのようにRさんによって外部に流出したと御社は判断しているのか、またその根拠を可能な限り開示してほしい
  • 合わせて本件は総務部と連携したい。このあとすぐ総務部に連絡をしたいがよろしいか?

課長は相変わらず憮然とした表情で、「とりあえず、御社から本人に事情を確認してください。証拠となるログはこのあとすぐにメールしておきます。総務部への連絡はそれからにしましょう」といいます。

なぜ、社内の話なのに課長が総務部への連絡を渋るのか不自然に思いつつ席を立ちました。

課長から送られてきたデータ

課長との打ち合わせを終えて小一時間たつと、課長からRさんか顧客情報を外部に持ち出したという主張の根拠になる資料が送られてきました。

その内容は次の通りです。

  • Rさんが最近1週間、顧客情報の置かれている共有フォルダにアクセスした履歴
  • Rさんが最近1週間、顧客情報のExcelファイルを加工した履歴
  • Rさんが顧客情報のExcelファイルを共有フォルダからダウンロード(自分の業務PCにコピー)した履歴

メールにはそれらの履歴を示した資料が添付されているだけで、「いつ、どういった行動をしてRさんが顧客情報のExcelファイルを社外に持ちだしたのか?」については全くふれられていません。

すぐに課長に電話をかけ、次のように話しました。

  • 頂いた情報だと、Rさんが顧客情報のExcelファイルを業務で多用していることはわかったが、社外に持ち出したという根拠にはならない
  • Rさんかこの顧客情報のExcelファイルを操作していること自体が業務内容に含まれず、怪しいということなのか?
  • 例えばRさんがメールで顧客情報を社外に送ったとか、USBで社外に持ち出したといった具体的な話ではないのか?
  • そうでなければ何を理由にRさんが顧客情報を社外に持ち出したと判断したのか教えてほしい

すると課長は次のように反論します。

  • Rさんがこの顧客情報のExcelファイルを業務で操作していることは業務内容に含まれており問題ない
  • 実はRさんの顧客情報の社外持ち出しについては、同じ職場のメンバーから申告があった
  • 本人が雑談の中で顧客情報の社外持ち出しを漏らしたと聞いている
  • その証言と、Excelファイルの操作履歴を確認したときに疑惑が確信となった
  • この話を踏まえ、本人にしかるべき処分をしてほしい

私はRさんと2年近くやりとりしていますが、コツコツと着実に仕事をする人で、前任の課長からの評価も高く、新任の課長が言うような顧客情報の社外持ち出しなどという不正をするとはとても思えません。

特に不審に思ったのは2点です。

  1. そもそも、この顧客情報、社外に持ち出したとして一体どれだけの価値があるというのでしょうか?課長に聞く限り、一部サービスの販売履歴程度の内容です。競合他社なら多少は喜びそうですが、Rさんにこの情報の販売ルートがあるとも思えません
  2. 同じ職場のメンバーとは誰でしょうか?どれだけ信頼できる証言なのでしょうか?Rさんへの疑いはそのメンバーの証言を正しいものとして、その証言に関わる状況証拠を集めただけのように感じます。

課長を問いただしますが、満足な答えはなく、「一度Rさん本人とも話して、処分を考えてほしい」の一点張りです。

このまま課長と話していてもらちが明かなそうです。

一旦課長との打ち合わせを打ち切り、Rさんに話をしてみることにしました。

Rさんとの面談

課長の話に納得がいかなかったものの、これ以上話しても進展も期待できず、しかたなく今持つ情報でRさんと面談をすることにしました。

私としてはRさんが故意に顧客情報を社外に持ち出したとは思えず、また、そんなことをしたとしてもRさんに利益があるとも思えず、課長の話を容易には信じることはできません。

Rさんとの面談では、課長より突きつけられている疑惑はありつつも、私としては全く信じておらず、Rさんの疑惑を晴らすために、何か少しでも思い当たることがあれば教えてほしいというスタンスで臨むことにします。

これからRさんとの面談むかえますが、長くなりましたので続きは続編にさせて頂きます。

前編①はこちら

続編③続編④はこちら

更新情報はTwitterに配信しています!