【派遣社員として働くための基礎知識】転職は3〜4月、9〜10月がおすすめ

派遣社員として働くための基礎知識】転職は3〜4月、9〜10月がおすすめ

転職タイミングは年2回

1年の中で「この時期に転職をするのがおすすめ」という時期があります。

それが毎年3〜4月、9〜10月の2回です。

バブル期を超える有効求人倍率の(1人あたりの求人数)という売り手市場の昨今では、豊富に求人がありますからどのタイミングでも同じように感じてしまうかもしれません。

それでも私は3〜4月、9〜10月での転職をおすすめするのです。

いったいその理由はなんでしょうか?

3〜4月は計画された採用で安心

我々は毎年1年間を1月から12月までという認識で過ごしています。

6月頃になると、1年が半分終わったということで上半期を振り返るようなテレビ番組を見かけますし、12月にもなると「今年ももう終わりかぁ」という気持ちになりますね。

それと同じように企業も企業活動を1年単位=1年度でとらえています。

たいていの日本企業は4月~翌年3月末までを1年度とすることが多く、3月が1年間の企業活動の結果をまとめる決算の時期となります。

3月に決算が行われ、4月から新たな事業年度が始まる企業の場合、1月~2月頃に翌年度(4月以降)の企業活動の計画=事業計画を練ります。

企業が翌年度、どのように事業に取り組み、どういった結果を出すのか、そのためにどれくらいのヒト・モノ・カネが必要なのかを計画するのです。これが事業計画です。

この事業計画によって、企業の翌年度の取り組みや目標が決まるとともに、そのために必要な人の数も決まってきます。

つまり、事業計画で決められた人の数は、企業活動の計画に裏打ちされた、かなり計画的なものだということが言えるわけです。

そのため、突発的に発生した人材ニーズに比べて、採用の時期や育成方法、やってもらおうと考えている業務内容などがもしっかりと事前に計画されている傾向があるのです。

9~10月は採用の目的が明確

1年度の半分を終えた9月は、事業計画がどれだけ遂行されているのかを検証する大きなタイミングです。

半期経過し、設定した目標に対してどれだけ進捗しているのか?進捗をより確かなものにするには、どれだけヒト・モノ・カネが必要なのか?といった計画の修正をしていきます。

この計画の修正の中で、落ち込んだ業績を盛り返すために人材ニーズが発生したり、好調な業績をさらに押し上げるために人材ニーズが発生したりといったことが起こります。

そのため3~4月の採用に比べると計画性は低いものの、事業の状況に裏打ちされた明確な目的をもとに採用が行われる傾向があるのです。

その他の時期の採用は?

ではなぜ3〜4月、9〜10月以外の採用をおすすめしないのでしょうか?

それは、人材ニーズのほとんどが欠員補充だからです。

すべての欠員補充がおすすめ出来ないということはありませんが、やはり前任が辞めるには辞めるなりの理由があり、その理由の本当のところの見極めは当事者でない分からないからです。

入社してみたものの、人間関係が悪かったり、上司の部下への対応に問題があったり、業務内容が明確でなかったり、業務量が多すぎたり、少なすぎたり。

色々な懸念を考えた結果、「いつ転職するのがいいんですか?」と聞かれれば、計画的な採用である3〜4月、もしくは9〜10月をおすすめしているのです。

人材派遣での転職タイミングは?

人材派遣の派遣社員として転職をする場合も、やはり3〜4月、9〜10月のタイミングがおすすめです。

理由は前述した事業計画や業績に裏打ちされた計画的な人材ニーズであるということもありますが、人材派遣ならではの理由もいくつかあるのです。

  • 就業中の派遣社員が転職をするときに、業務の節目となる3月末、9月末に転職を考えるケースが多く、人の入れ替わりで良質な派遣ニーズが増える
  • 派遣先企業側も「3〜4月、9〜10月には節目の時期に転職を考える優秀な派遣社員が増える」と知っていて、スタート時期をずらしてでもこの時期に採用タイミングをあわせる

まさに今、2月は、3月末までで契約満了する派遣社員の契約更新のタイミングですが、やはり他の月に比べて圧倒的に辞めたいという派遣社員が多く、なかなか苦戦している最中です。

更新情報はTwitterに配信しています!