【派遣会社営業マンのクレーム対応報告】仕事中に居眠りや副業をしてしまう派遣スタッフUさんのクレーム対応①

【派遣会社営業マンのクレーム対応報告】仕事中に居眠りや副業をしてしまう派遣スタッフUさんのクレーム対応①

私の担当スタッフとして派遣先のE社に勤務してくれている20代男性のUさんですが、同じ職場で働く当社の派遣スタッフである30代女性のRさんから「一緒に働いているUさんが、仕事中に居眠りしたり、仕事とは関係のない作業をしている。同じような時給で働いているのが馬鹿らしく、どうにかしてほしい」という相談がありました。

その際の経緯や対応について、営業日報形式でご紹介します。

派遣会社営業マンが、どんな事を考えて問題解決をしているのかがお分かり頂けます。是非ご覧ください。

クレーム経緯

●30代女性のRさんは当社の派遣スタッフとして1年前からE社で営業事務として就業を開始した

●20代男性のUさんは同じく当社の派遣スタッフとしてE社の同じ部署で営業として半年前からから就業を開始した

●Uさんは営業ではあるものの、初めは受注処理や商品知識を学ぶ必要があり、実質的にRさんと同じ仕事をしている

●Rさん曰く、Uさんは2週間前から自分の隣の席に移ってきた。数日は雑談も交えながら楽しく一緒に仕事をしていたが、しばらくすると仕事中に居眠りをしていたり、どうやら仕事とは関係のない作業をしていたりするのが目立つようになった

●Uさんを注意する立場でもないし、放っておいたが、隣に座っている人があれだけ仕事をしないと腹が立ってくる

●この職場で仕事を続けるのが馬鹿らしくなりそうで、どうにかしてほしい

対応のポイント

スタッフへの対応のポイント

30代女性のRさんは1年前に就業を開始しましたが、「責任感をもって、きっちりと仕事をしてくれる」と就業開始早々から派遣先に高い評価を頂くような優秀なスタッフさんです。

Rさんの高い評価をベースに、E社から増員の依頼を受け、紹介したのがUさんでした。

Uさんは20代と若いながらしっかりした受け答えができ、数年後には独立を考えていて、「社会勉強や独立までの収入確保のためにE社で営業職をしてみたい」と意欲高く就業を開始してくれたスタッフさんです。

同じ部署に2人優秀な人が働いてくれて安心と、すっかり油断していたのですが、どうやら様子が違ったようです。

●Rさんへの対応

まずはRさんに詳細なヒアリングが必要です。

ヒアリングの際はRさんの考えを聞くことはもちろん、Rさんが把握する限りの周りの社員からのUさんへの見方や評価についても確認します。

●Uさんへの対応

Rさんへのヒアリングの上で、派遣先担当者と状況を共有し、Uさんに対しての見方や評価を確認した上で注意をします。

同じ職場の同じ派遣会社の派遣スタッフ同士の話と、話を簡単に片づけず、きちんと情報を集めて根本解決を図るスタンスが重要です。

もし、「どちらもウチの派遣スタッフだし、Rさんの話を聞いてあげて気持ちを落ち着かせ、Uさんには頃合いを見て、軽く注意をしておけばいいだろう」などという適当なスタンスで対応をすると、Rさんは愛想を尽かして辞めてしまい、注意をされなかったUさんは「こんな働き方で許されるんだ」と受け止め、事態がどんどん悪化していきます。

トラブルの芽は早めに摘むに限るのです。

対応経緯

Rさんと面談

Uさんと席を隣り合わせに仕事をしているRさんは、否応なくUさんの仕事ぶりを見ることができますので、なにより正確な情報を聞くことができるはずです。

ただ、気をつけなければいけないのは、RさんとUさんの人間関係がもともと上手く行っておらず、ことさらにUさんの仕事ぶりを悪くいうようなケースです。

RさんとUさんの人間関係にも着目しながらヒアリングを進めていきます。

RさんはUさんの仕事ぶりについて次のような状況だと教えてくれました。

  • Uさんは社員から与えられた仕事はきちんとやっているよう。ただ、与えられる業務量が少ないためか、手が空くことが多いように見受けられる
  • Uさんの席は太い柱で社員から死角になっており、ここ最近は気がつくと目をつぶって船を漕いで居眠りをしている
  • ただ、Uさんの横の通路が、廊下に出る動線になっており、直属の上司は気がついていないようだが、何人かの社員はUさんが頻繁に居眠りをしていることを気がついているようだ
  • また、手すきの時間になにか仕事と関係のないファイルを開き、なにやら資料を作っている
  • 見られていると気がつくとファイルを閉じるので、仕事と関係ない作業をしていて、見つかるとまずいという意識はあるようだ

Rさんは、隣でこのような仕事ぶりを見せられると、一生懸命仕事をしている自分が馬鹿らしくなるとのこと。

お気持ちはごもっともですし、Rさんが個人的にUさんを嫌いだから非難をしているというようなニュアンスは全く感じず、プライドを持って仕事をしているのに、隣でそのようなことをされていてはモチベーションが維持できないという訴えだと理解しました。

Rさんのような真面目に一生懸命働いてくれるスタッフさんに応えられない営業マンなんて必要のない存在です。

どうしたらRさんが今後も気持ちよくE社で働いて頂けるのか質問しました。

  • Uさんを辞めさせてほしいといった考えは全くない
  • Uさんに普通に仕事をしてもらうか、自分の目の届かないところに席を変えてほしい
  • それが叶わないのであれば引き続き就業できる自信がない

Rさんには、今後、派遣先担当者とUさん本人に対応をする事で、できる限りRさんの希望にそうように努力することを約束しました。

長くなりましたので続きは続編にさせて頂きます。

続編②続編③はこちら

更新情報はTwitterに配信しています!