【派遣社員として働くための基礎知識】なぜ私より後に入った人のほうが時給が高いの?

派遣社員として働くための基礎知識】なぜ私より後に入った人のほうが時給が高いの?

派遣会社営業担当として活動するなかで困ってしまうのが、

「他の派遣会社から入った派遣社員が、同じ業務内容で1年働いている私より時給が100円高いという話を聞いた。なんでそんなことになっているのか?」

というような質問です。

普通の感覚で言えば、業務経験が1年ある人より、新しく入ってきた人の方が待遇が良いということは考えづらいことです。

派遣社員の時給はどのように決まるのか?

派遣社員として働いたことのある方ならお分かりかと思いますが、派遣社員の給与(=時給)の決め方は、人事制度に基づき、個々の人事評価を行なって給与を決める正社員やパート・アルバイトなどの直接雇用と給与(=時給)の決め方と全く違います。

派遣会社は派遣社員毎の派遣先企業との契約金額(=時間あたり)をベースに、その契約金額から原価として派遣社員の給与(=時給)を設定するのです。

なぜ派遣会社ごとに時給が違うのか?

「他の派遣会社から入った派遣社員が、同じ業務内容で1年働いている私より時給が100円高いという話を聞いた。なんでそんなことになっているのか?」

さて、あなたの担当の営業担当はどのように答えるでしょうか?

  1. 派遣会社それぞれに時給の設定の仕方は違うのでなんとも言えないんですよ・・・
  2. 他社の新しい派遣社員と同じ業務内容ということですが、そもそもなんらかの事情で派遣先企業と派遣会社の契約金額が違うのかもしれません・・・
  3. 1年前に比べて派遣社員の確保が難しくなっていて、他社さんも最初から高い時給を出さなければ派遣社員を確保できなかったのかもしれません・・・

いずれも答えになっているようで、答えになっていませんが、苦しい営業担当の返答に、派遣業界特有の事情が含まれているのです。

派遣会社によって利益率(原価率)の設定が違う

おなじみの人材派遣協会のホームページのグラフですが、派遣社員に支払う給与(=時給)は派遣会社で言う原価であり、平均的な原価率は70%です。

また、社会保険料や有給はどの派遣会社も同じと考えられます。

残る諸経費はどのようなものでしょうか。

  • 人件費
  • 求人広告費
  • オフィス賃料
  • その他、事業運営にかかる様々なコスト

このコストのありようによって派遣社員に支払う給与の率(原価率)が変わってくるのです。

どの派遣会社が高い、低いということを明確には判断しづらいですが、派遣会社各社の求人サイトを確認したときに、明らかに同じ求人案件を複数の派遣会社が掲載していることがあります。

その時給を見比べるとある程度の傾向が掴めるのです。

同じような仕事内容でも契約金額が違う

「同じ仕事をしている派遣社員に対して派遣先企業が派遣会社に支払う契約金額は同じ」

当たり前にそう思いますよね。

しかしそうともいえない状況はよく起こります。

●例1

優秀な営業事務の派遣社員を探しているが、今いる派遣スタッフと同じ契約金額ではなかなか派遣会社からの紹介がなく、契約金額を上げて再度依頼するパターン

●例2

前任の派遣社員の契約金額が今いる派遣社員達よりも一段高いが、後任を依頼するにあたり、すでにその金額で社内決済を取っているため、高い契約金額のまま派遣会社に依頼するパターン

派遣契約の契約金額は、人材派遣を多く利用する派遣先企業は一定のスキル見合いの料金テーブルを決めていたりするものの、スキルの解釈は人それぞれでもあり、結局は派遣先企業や派遣先部署のお財布次第となっています。

つまり、仕事内容よりも低い時給の仕事や、高い仕事が混在しているということです。

「派遣会社側でならせば良いのでは?」と言う意見もありそうですが、正社員などの直接雇用と違い、格段に人の入れ替わりが激しい人材派遣というビジネスでは難しい運用です。

自分の応募しようとしている仕事、働こうとしている仕事が、果たして時給に見合っているのかを見極めましょう。

派遣マーケットの問題

いまや有効求人倍率はバブル期を抜き、空前の売り手市場です。

派遣マーケットで最も求められる20代〜30代の派遣社員はとっくに正社員の転職マーケットに移ってしまい、派遣マーケットには残っていません。

また、これまで俗説として言われていた「35歳の壁」がなくなりつつあり、40代以上の派遣社員も正社員の転職マーケットに目を向けています。

派遣社員として働きたいという人が極端に減っているのです。

かたや派遣スタッフを求めている派遣先企業の状況はどうなのでしょうか?

なぜ、企業は割高な人材派遣を使うのか?の記事でもご紹介した通り、人手不足を派遣社員でまかなしか手段のない派遣先企業も多く、人材派遣のオーダーは非常に増えています。

つまり、派遣マーケットは他の転職マーケットと同じく空前の売り手市場となり、需要と供給の関係で派遣会社は派遣社員に高い時給を、派遣先企業は派遣会社に高い契約金額を支払わないと人材の確保ができない状況なのです。

どうすれば時給差を解決できるか?

それではどうすれば時給差を解決できるでしょうか。

「隣に座って同じ仕事をしている、新しく入った他の派遣会社の派遣社員が自分より時給が高いなんて納得いかない」

という気持ちは自分自身がその立場に置かれれば十分に納得できますが、契約ごとと考えるとなかなか簡単にはいきません。

考えられるのは次のような対応でしょうか。

  • 営業担当に状況を説明し、派遣会社として時給の増額ができないか交渉する
  • 営業担当に状況を説明し、元値となる派遣先企業と派遣会社間の契約金額を増額してもらう交渉を依頼し、結果として自分の時給を増額してもらう

派遣先企業と派遣会社間の契約金額にせよ、派遣社員と派遣会社間の雇用契約にせよ、個々の契約ごとであって、やはり、「他の派遣会社の社員の方が時給が高いから上げて欲しい」といった感情的な理由だけではなかなか覆すことは難しいのです。

非正規雇用は「雇用」ではなく「需要」、人材派遣は「雇用」ではなく「サービス」の記事でもご紹介した通り、人材派遣という仕組みは、直接雇用にみられる雇用主と労働者という単純な「雇用」ではなく、派遣会社から派遣先企業に提供される「サービス」である以上、需要と供給の関係から働く側の派遣社員からすると不公平と思われるような事柄は頻繁に起こりうるのです。