【続編⑧】【派遣会社営業担当のトラブル対応報告】背中に大きな刺青の入ったQさんの対応報告

【続編⑧】【派遣会社営業担当のトラブル対応報告】背中に大きな刺青の入ったQさんの対応報告

←前編①   ←前編②   ←前編③

←前編④   ←前編⑤   ←前編⑥

←前編⑦   →続編⑨   →続編⑩

→続編11   →完結編12

マネージャーと面談

QさんがMさんの胸ぐらを掴んだ騒動の対応で、QさんとMさん両者からのヒアリングを終えました。

  • Qさんからのヒアリングによると、Mさんの胸ぐらを掴むという暴力行為は全面的にQさんに非があるものの、Mさんは「ヤクザあがり」「チンピラ」などと聞こえがしに陰口を叩いていたとのことで、お互いに取材すべきところがあると判断できた
  • Qさんからのヒアリングによると、自分は何もしていないのに突然Qさんが掴みかかってきたとの主張。Mさんだけでなく、当社の管理責任もあるとして、「警察を呼ぶ」とか、「訴える」といった自らの非は全くないという前提の主張であった

両者の主張は全く食い違っており、解決の糸口はありません。

Mさんには「個人同士のトラブルだから自分達で解決しろ」とは言ったものの、Qさんの過激な行動を鑑みて、ほったらかしにはしておけないのです。

2人の社員の管理者として、またQさんからの話によると「Mさんに先日の件を漏らした」という話もあり、最後にマネージャーからヒアリングを行うことにしました。

マネージャーとの面談

マネージャーは50代前半の男性、ずっと営業畑で、最近は派遣社員として営業職で働いていたようで、管理職経験もあり、物腰も柔らかいことからマネージャーに任命しました。

今回のような外部人材の集まりでは、なによりマネージャークラスの在りようがとても重要になります。

私なりのマネージャー任命の基準は次のようなものです。

  • 私からの指示を正確に何度も何度も繰り返し部下に指示することができるか?
  • 部下に迎合せず、会社の利益を考えて指揮命令ができるか?
  • なにより信頼のできる人物か?

今回のプロジェクトのような外部人材の集まりでは、働くということに対しての考え方のベクトルがそれぞれ違います。

そこで必要になるのは、マネジメント全員の言うことがブレない、ズレないこと。

マネージャーの営業力なんて正直どうでもいいのです。

それはマネージャー数人を任命したときに口を酸っぱくして何度も伝えています。

先日のQさん・私・マネージャーで行なった面談の内容は、3人の中だけで共有されるべきことです。

仮にQさんの言う通り、マネージャーが先日の面談内容をMさんに面白おかしく話したのなら、彼にマネージャーでいてもらう理由はありません。

Qさん、Mさんとの面談が終わった後に、マネージャーを会議室に呼び出しました。

少し緊張した面持ちのマネージャーに、「お互いの主張が食い違ったままで終わっている」という両者との面談結果を伝えます。

続いてマネージャーに質問をしました。

  • Qさんから、先日の面談の内容がMさんに伝わっているとの話があったが、マネージャーからQさんに話したというような事実はあるか?
  • 私はQさんに話すことはないので、もしQさんの言う通りに先日の面談内容が漏れているとしたらマネージャーくらいしか思いつかない

するとマネージャーは神妙な面持ちで話し始めます。

  • 実は所長(私のこと)とQさん、私の3人での面談の翌日、Qさんから以下のような発言があった
  • 「同じチームに刺青の入ったメンバーがいるなんて怖いし、そんな奴が自分と同じ仕事をしているなんて許せない」
  • 「ヤクザかチンピラか得体の知れない人物を雇うなんて、この会社はどうかしている。すぐに解雇したほうがいい」
  • 「Qと所長(私のこと)と3人で話していたようだが、どんな話だったのか?Qが何かやらかしたなら俺が警察に通報してやる」
  • なんの理由がわからないが、Qさんに強い敵意を持っていて、過激な行動に出そうだったので、Qさんとの面談では「刺青を目立たないように工夫するよう注意しただけ」と話した。

マネージャーの話を聞き、私は次のように注意しました。

  • Mさんとそういったやりとりがあったのであれば、事前に教えて欲しかった
  • Mさんがその当時から「警察に通報」というような発言をしていたのであれば、今回の騒ぎもある程度予見できた
  • Qさんとの面談は、Qさん個人との面談であって、その内容を少しでも誰につたえること、しかもQさんを快く思っていないMさんに教えるなど論外
  • そもそも一番最初にQさんの刺青や振る舞いについて私に相談をしてきたときも、Mさんをはじめとする元々Qさんをよく思わない社員たちの意見に流されていたのではないか

マネージャーは私からの注意に平謝りをしています。

あわせていくつか質問をしました。

  • Mさんは否定をしていたが、QさんによるとMさんが本人の近くで聞こえがしに「チンピラ」とか「ヤクザ」といった陰口を叩いたのが騒ぎの原因だったとのこと
  • 騒ぎの前にMさんがQさんに聞こえがしに陰口を叩くような場面を見たか?
  • これまでにも同じようなことはあったのか?

マネージャーは冷や汗をかきながら答えます。

  • 確かに今日騒ぎの前に、Mさんが誰に言うでもなく「同じ職場にヤクザがいるなんてやってられないよ」と言う発言を聞いた
  • 他にも一言二言呟いていたようだが、聞き取れなかった
  • その呟きの後にQさんが怒り出して騒ぎになった
  • また、以前からMさんとその取り巻きの間で、Qさんの悪口を言っていることは何度か見かけた

マネージャーの証言によってQさんの言う、「Qがなんの理由もなく、いきなり襲いかかってきた」と言う主張は覆せそうです。

ただ、マネージャーにはいくつか重ねての注意が必要です。

  • Qさんと私、マネージャーの最初の面談の後に、Qさんの経過観察をし、何かあれば報告するように指示したはず
  • それはQさんを取り巻く人間関係についても当然対象になるし、ましてや自分のチーム内のメンバー間の出来事
  • マネジメント能力に疑問を持たざる得ないので、今後は十分意識して行動してほしい

マネージャーはひたすら平謝りをしていますが、管理職ですから、お詫びではなく結果で挽回してもらうしかありません。

少なくとも今回のようなお粗末な対応のために10万円近い役職手当は支給していないのです。

さて、関係者全員と面談が終わり、情報が集められたところで、明日は朝から具体的な問題解決を図りたいと思います。

長くなりましたので、続きは続編とさせて頂きます。

←前編①   ←前編②   ←前編③

←前編④   ←前編⑤   ←前編⑥

←前編⑦   →続編⑨   →続編⑩

→続編11   →完結編12