【続編④】【派遣会社営業担当のトラブル対応報告】営業担当の私が派遣社員Zさんにストーカー行為をされた話

【続編④】【派遣会社営業担当のトラブル対応報告】営業担当の私が派遣社員Zさんにストーカー行為をされた話

←前編①   ←前編②   ←前編③

→続編⑤   →続編⑥   →続編⑦

→続編⑧   →続編⑨   →続編10

→続編11  →続編12  →続編13

→続編14  →続編15  →続編16

→続編17  →続編18  →続編19

→続編20  →続編21  →続編22

→続編23  →続編24  →続編25

→続編26  →続編27

N社のコールセンターで私の担当派遣社員として働いてくれているZさんですが、仕事とプライベート両方の相談があるということで、Zさんの派遣先の近くの喫茶店で面談に臨んだ私でしたが、開口一番Zさんから「●●さん(私のこと)さんに顔を見たら安心しました」というような女性から言われたらドキっとするような一言があり、雲行きの怪しさを感じたのでした。

その後もZさんから私との関係を深めたいと受け取れるようなコメントが続き、家庭もあり、一切のそうような気のない私は釘をさす意味で妻がいることを伝えると、途端しどろもどろになり、なんの結論もないまま面談を終えたのでした。

対応経緯

深夜に派遣社員Zさんから大量のショートメール

喫茶店での面談から数日、Zさんからは特に連絡はありませんでした。

Zさんが所属しているチームの営業担当に声をかけ、喫茶店での顛末は話さないまでも、「そろそろZさんをそちらの担当に変わってもらおうと思う」と伝え、Zさんに連絡をしようかと思案をしていたのです。

すっかり油断をしていたその日の夜、Zさんからの連絡があったのでした。

自宅に帰り、食事もお風呂も入り終えてそろそろ寝ようかと考えていた23時ごろ、会社のスマートフォンが連続して振動し始めました。

どうやら複数のショートメールを受信しているようです。

  • 夫とは離婚が成立しそうだ
  • 夫の浮気が原因で離婚の話になり、自分に非はないと思っている
  • 最近は私に暴力も振るうようになって本当に困っていた
  • 夫のことがあり、男性不信になっていた
  • ●●さんに仕事の悩みを聞いてもらい、すぐに解決もしてもらって救われた
  • 私は誰かと一緒にいないとダメなタイプで、夫と別れたらこれからどうしようかと不安だった
  • プライベートは別にして、仕事に関しては●●さんがサポートしてくれるから安心している
  • これからも迷惑をかけるかもしれないがよろしくお願いしたい

このような内容のメールが返信する間も無く次々と送られてきます。

さて、どうしたものでしょうか?

先日の喫茶店での話はここまでプライベートに踏み込んだものではありませんでした。

むしろ私に妻がいることを告げ、距離を取ったつもりだったのです。

十数通連続で深夜に届いたこのメール、相手にしたらやりとりが続きそうな予感がします。

また、この時間にメールを返したことが既成事実になり、Zさんが今後も時間を選ばずメールを送ってくるような事態も想像できます。

ここはあえて静観し、明日の就業時間内に返信をしようと思います。

翌朝、会社のメールにも派遣社員Zさんからのメールが

翌朝出社し会社のメールをチェックすると、やはりZさんからメールが届いていました。

  • 仕事のことで相談があるので、今日仕事終わりに会えないか?
  • この前の喫茶店はどうか?
  • もし都合が会うなら、お酒が入っても構わない

どう言うつもりかわかりませんが困ったものです。

ただ、「仕事のことで相談がある」と言われては無碍に断るわけにもいきません。

仕方なく私は次のようにメールを返しました。

  • あいにく今晩は都合があって夜は時間が取れない
  • 近日に時間をもらえればと思うが、用件だけでもメールで頂けないか?
  • 面談は就業先か当社のオフィスかのどちらかにしたい
  • お酒を交えてお話をすることは上司に禁じられている

このメールにZさんがどのように反応するのか様子見をしたいと思います。

また、このメールをしたことにより、昨晩のショートメールは黙殺することに決めました。

色々な連絡手段があるとコントロールが効かなくなるのでは?と懸念したからです。

しばらく別の仕事をしているとZさんからの返信が届きます。

  • どうしても今日中に相談がしたい
  • メールでやりとりするような内容ではない
  • 就業先に来て欲しい

どんな相談かわかりませんが、とりあえず今日は顔を出しておいた方が良さそうです。

それにしても派遣会社の営業担当はこんな時とても立場が弱いのです。

今回はたまたま私が女性派遣社員から不可解なアプローチを受けていますが、女性の営業担当が、男性派遣社員や派遣先の担当者から仕事にかこつけて呼びつけられ、セクハラめいた被害を受けるのはよく聞く話です。

たまたまなのか派遣業界は女性が多く、しかもなぜかお綺麗な方が多いのもそういった被害を助長するのかもしれません。

女性の営業担当がセクハラの懸念される呼び出しを受けたときは、私のようなベテラン男性営業担当が同行して邪魔します。

今回のZさんの呼び出しは急ですし、まだどのような進展を見せるかわかりませんが、先々誰かしらに同行をしてもらうような対策も考えなければなりません。

どうなることやらと不安な気持ちでZさんの就業先に向かうのでした。

長くなりましたので、続きは続編とさせて頂きます。

←前編①   ←前編②   ←前編③

→続編⑤   →続編⑥   →続編⑦

→続編⑧   →続編⑨   →続編10

→続編11  →続編12  →続編13

→続編14  →続編15  →続編16

→続編17  →続編18  →続編19

→続編20  →続編21  →続編22

→続編23  →続編24  →続編25

→続編26  →続編27

更新情報はTwitterに配信しています!