【続編⑦】【派遣会社営業担当のクレーム対応報告】辞めたのに入館証をなかなか返さない派遣社員Kさんのクレーム対応

【続編⑦】【派遣会社営業担当のクレーム対応報告】辞めたのに入館証をなかなか返さない派遣社員Kさんのクレーム対応

←前編①   ←前編②   ←前編③

←前編④   ←前編⑤   ←前編⑥

→続編⑧   →続編⑨   →続編⑩

→続編11  →続編12  →続編13

→続編14  →続編15

私の担当派遣社員としてT社で2週間前に就業介した30代男性の派遣社員Kさんですが、色々な経緯の中で派遣先のT社を契約途中で退職したのに、なぜか貸与されている入館証を返さないという状況が続き、派遣先からクレームがありました。

その際の経緯や対応について、営業日報形式でご紹介します。

派遣会社営業担当が、どんな事を考えて問題解決をしているのかがお分かり頂けます。是非ご覧ください。

対応経緯

「当社としてはKと同じ事象が起こらない確証が持てる人材として、当社の派遣社員として当社のお取引先である派遣先で就業をしてくれたことがあるような実績のある人材だけご紹介をさせて頂きます」

Kさんの件を踏まえて、O部長の上司である本部長から当社へのKさんの後任の発注は他の派遣会社に頼むように釘を刺されているようでした。

本部長まで話が上がっているとなれば、前任からT社を引き継いだばかりの私は、このままでは名誉挽回の機会もなく、T社の取引をなくしてしまうことになります。

ベテランの営業担当である私にはそれなりに意地があるのです。

このまま実力を見せる機会もなくおめおめと引き下がるわけにはいきません。

自らハードルを上げることにはなるものの、当社の派遣社員として取引先の派遣先で就業した実績のある派遣社員に限定して紹介するという枷をはめ、なんとかチャンスを欲しいと申し出たのでした。

それなりの迫力があったのでしょうか、O部長は少し悩んだ末に口を開きます。

「わかりました。そういうことなら人選お願いします。本部長にも言っておきますよ。あなたも担当変わったばかりで、このまま引き下がるわけにもいかないですもんね」

O部長は営業畑出身なのでしょうか?なかなか営業の心理を分かっています。

ありがたいお言葉に感謝しつつ、席を立ったのでした。

派遣先から貸与された入館証が回収できていないことの意味合いとは?

さて、人選は人選担当に任せるとして、私は私でKさんがT社を退社する処理として早期に入館証を回収し返却しなければなりません。

入館証の形状は会社によってまちまちですが、T社の入館証は表面に回写真と指名や所属部署の情報が記載され、入退室のためのICチップが内蔵された非接触型のICカードです。

T社の社員はネックストラップが黄色、T社内に常駐している協力会社の社員や派遣社員はネックストラップが黒と色分けがされていますが、入館証自体には区別はありません。

つまり外部の人間から見れば、T社の入館証は「T社の社員であるという身分証明」ができるものであり、T社の建屋に入退室でき、ICチップに記録された所属情報により関係するオフィスにも入退室ができるカードなのです。

O部長にはKさんに貸与した入館証のICチップの入退室機能は早々に権限を削除するように手はずをしてもらいましたが、物理的にKさんの手元に入館証が残っていたままでは何に悪用されるか分かったものではありません。

T社は世間的にそこそこ知られた会社であり、Kさんがこの入館証によって身分を証明した時に一定の信頼を得ることができるのです。

過去のトラブル事例では、当社の派遣社員が大手企業の派遣先で貸与された名刺で飲み屋のツケをしてそのまま雲隠れをしたり、入館証を身分証明書がわりに怪しげな消費者金融で借金を繰り返したりといったことがあり、その火消しにそれはそれは苦労をしたのです。

O部長からも入館証の返却を急かされていましたが、そういった意味では私のほうが一層の緊張感を持って入館証の回収を急いでいたと言えます。

何しろKさんのこれまでの態様を見るに、全く信用に値する人物ではないのですから。

派遣社員Kさんからの入館証回収は難航を極める

Kさんからの子供じみたメールに返信した入館証返却を催促するメールですが、その日の夕方になってもまだ返信はありません。

状況から見るに、Kさんはこのまま私となんの連絡もとらず、フェードアウトするつもりであることがうかがえます。

これは早々にKさんとの距離を詰めていかなければいけません。

スマートフォンを手に取り、手早くKさんへのメールを作ります。

  • T社より貸与された入館証を早々に手渡しで返却をして頂きたいとの連絡を致しましたが、ご返信がありません
  • T社の入館証はセキュリティー上非常に重要なもので明日にでも返却をしなければならないものです
  • Kさんからのご連絡をお待ちしている余裕もなく、本日中にご連絡がない場合は、明日タイミングをみてご自宅に回収にお伺いをさせて頂きます
  • また同じく本日中にご連絡がない場合は、当社への派遣登録時に申請頂きました緊急連絡先(肉親など)にも事情をご説明した上で、Kさんより当社にご連絡を頂くようお電話をさせて頂きます

私も好き好んでKさんの自宅など行きたくありませんし、Kさんの肉親とお話などしたくありません。

とはいえ、こちらも切羽詰まった立場です。

仮にKさんがT社の入館証を悪用でもしたら、取引中止どころではなく損害賠償といった騒ぎにもなりかねないのです。

長くなりましたので、続きは続編とさせて頂きます。

更新情報はTwitterに配信しています。

←前編①   ←前編②   ←前編③

←前編④   ←前編⑤   ←前編⑥

→続編⑧   →続編⑨   →続編⑩

→続編11  →続編12  →続編13

→続編14  →続編15