【派遣会社営業マンのクレーム対応報告】自分から退職を申し出たのに、関係ない営業所に「不当解雇された!無理やり退職の書類を書かされた!」と苦情の電話を入れまくる派遣スタッフIさんのクレーム対応①

【派遣会社営業マンのクレーム対応報告】自分から退職を申し出たのに、関係ない営業所に「不当解雇された!無理やり退職の書類を書かされた!」と苦情の電話を入れまくる派遣スタッフIさんのクレーム対応①

私の担当スタッフとして派遣先のK社に勤務してくれている50代男性のIさんですが、自分から退職を申し出たのに、関係ない営業所に「不当解雇された!無理やり退職の書類を書かされた!」と苦情の電話を入れまくるというトラブルがありました。

その際の経緯や対応について、営業日報形式でご紹介します。

派遣会社営業マンが、どんな事を考えて問題解決をしているのかがお分かり頂けます。是非ご覧ください

クレーム経緯

●IさんはK社で約1年、データ入力やファイリング作業で就業している

●Iさんの仕事ぶりに対するお客様の評価は平均的。しかし、私語が多く、周りのメンバーの作業の手を止めるため、私語を慎むように注意をしてほしいというお客様からの依頼があった

対応経緯

Iさんとの面談

お客様からの指摘を受け、Iさんと面談を行い、事情を聞きました。

  • 指摘の通り、多少の私語はしている
  • だが他の人も私語はしていて、私だけが注意されるのは納得いかない
  • 自分としては職場で必要最低限のコミュニケーションだと思っていて、それを頭ごなしに否定されるなら辞めたい

Iさんは私より年上の男性ということもあって、年下の私に「私語を控えろ」なんていう基本動作を注意されるのはプライドが傷つくかな?と思っていたので、事情を聞いただけで、頭ごなしに注意はしていなかったつもりなのですが、かなり感情的に言葉を返してきて、勢いなのか、辞めたいとまで言ってきました。

ひき止めようか迷いましたが、お客様の話によると、周りのメンバー数人から「Iさんに話しかけられると迷惑だが、遮ると不機嫌になるので付き合うしかなかった。仕事の手が止まって、自分の評価も下がるので迷惑」との意見があったようで、Iさんが私語を認めつつも、反省の弁や改善の意思表示もないことから、同じことの繰り返しになると感じ、退職の意思に対して引き止めはしないと判断しました。

Iさんに「そうですか、残念ですが、ご意思は固いんですか?」と聞くと、次のような言葉が返ってきました。

  • なんの事情も聞かずに、頭ごなしに注意するような派遣先や派遣会社はこっちから願い下げ
  • 職場のメンバーも、あんたの顔も二度と見たくないので、今すぐ辞めたい
  • 退職が理由で、給与が払われなかったり、不利益があったら、すぐに訴える

「訴えるぞ!!」と声高に言う人が訴えてきた試しがないので、そこは気にせず、退職によって制裁的な意味合いでの不利益はないことを説明し、即日の退職については派遣先の同意も得たいことを説明しました。しかし、Iさんの抗議は止まりません。

  • 雇用契約は派遣会社と結んでいるものなので、いちいち派遣先の許可が必要というのはおかしい
  • なんでもかんでも派遣先の言いなりなのか?今回の私語の件も私だけが注意されるのはおかしい、派遣先のでっち上げではないのか?そのでっち上げをおたくが真に受けているだけなんじゃないのか?

雇用契約に関して、派遣先の意見を参考にするのは不当なことではありませんが、この調子で職場に戻られてもお客様も迷惑なだけだと思います。

仕方なく、お客様への説明は後回しにし、入館証などの貸与物を回収し、自己都合退職である旨の一筆を頂き、退職に関する事務処理は郵送で行うことを約束して、Iさんは会議室から、そのまま帰宅しました。

その後、お客様にIさんとの経緯を説明し、変に揉め事になるよりは即日の退職で良かったとご理解を頂きました。

私としてはこれで一件落着だと思っていたのですが、そうではなかったようです・・・

Iさんから、私の会社のあらゆる部署に苦情の電話

翌朝、自宅からお客様先に向かっていると、本社のスタッフさん向け相談窓口の担当者から電話がありました。

Iさんが、私の会社のホームページに電話番号が載っているあらゆる部署に、ありもしない苦情の電話を入れまくっていると言うのです。

苦情の内容は次の通り。

  • おたくの営業の●●(私のこと)が、自分を恫喝して無理やり解雇した。無理やり退職の書類を書かされた
  • ●●は自分が勤めていた派遣先の派遣スタッフにひどいパワハラや、セクハラをしている
  • おたくの会社はそんな問題社員を雇っていてどう言うつもりなのか?
  • 無理やり解雇されたので、損害賠償として100万円払え
  • ユニオンにも相談して、派遣先の職場に乗り込むつもりだ

などなど、ありもしないことを言いたい放題、やりたい放題です。

私のあまり縁のない、地方の支店にまで私の名前を出して、ありもしない苦情の電話を入れるので、電話を受けた方は事情もわからず、とりあえずお詫びするしかありません。社内の色々な方に迷惑をかけました。

上司や役員とも相談して、次のように対応することにしました。

  1. 役員から全社員に向けて私とIさんのトラブルに対する正確な情報を発信し、今後Iさんから電話があった場合は、一切話は取り合わず、本社窓口に連絡するよう伝える
  2. 顧問弁護士に相談し、この状況が営業妨害に当たると確認した上で、本社窓口から本人に、これ以上の営業妨害をした場合は警察に通報すると警告する
  3. 合わせて、最寄りの警察署に相談し、事情を説明して、営業妨害であることを理解してもらった上で、今後Iさんから同様の行為があった場合には、警察からIさんに注意の電話を入れてもらうように根回し

以上の対策を打ち、翌日を迎えると、思った通りIさんは私の会社の地方の営業所にありもしない苦情の電話をかけてきました。

電話を受けた営業所は社内周知の通り、何を言われても本社窓口に連絡するように伝えると、思った通り、Iさんから本社窓口に電話をしてきます。

そこでトラブル対応に長けた社員が本人に次のように話しました。

  1. Iさんが当社の各所に伝えている苦情を全て把握しているが、内容に一貫性がなく、不正確な内容だと感じている。なにかお考えやご意見があれば、●●(私のこと)を交えてお話を聞きたいと思うがどうか?
  2. Iさんが当社の各所に連絡をされているが、内容からして営業妨害に当たると考えている。これは顧問弁護士に相談しての見解である
  3. この営業妨害が続くようであれば警察に通報する考えである
  4. 以上は当社としての見解であり、当社のどの者に確認してもらっても変わるものではない

本社窓口から聞くと、「弁護士に相談」「警察に通報」というワードにかなり反応して激しく逆上したそうです。

が、その辺りの対応には慣れた社員ですので慌てることもなく当社の見解を繰り返し、最終的に本人の主張は次のようにまとまったようでした。

  1. 自分の主張は正しい。おたくは弁護士や警察権力を傘にきて弱者をいじめるブラック企業だ
  2. 営業妨害はしていないが、おたくの見解がそのようなことなら色々な部署に電話しても仕方ない
  3. なので、●●(私のこと)と直接話をする。他に誰も同席させないと約束しろ

私としては直接対決は望むところで、むしろ一人のがやりやすいんですが、顧問弁護士まで関わった今回のケースでは本社も口出しせざる得ないようで、半ば強引に本社トラブル対応担当者+私というメンバーでの話し合いをIさんに合意してもらったようです。

いよいよIさんとの話し合いになるのですが、長くなりましたので、続きはまた改めて。

続編②はこちら

更新情報はTwitterに配信しています!