【続編13】【派遣会社営業担当のクレーム対応報告】部長のお気に入り派遣社員Bさんのクレーム対応

【続編13】【派遣会社営業担当のクレー対応報告】部長のお気に入り派遣社員Bさんのクレーム対応

←前編①   ←前編②   ←前編③

←前編④   ←前編⑤   ←前編⑥

←前編⑦   ←前編⑧   ←前編⑨

←前編⑩   ←前編11   ←前編12

私の担当派遣社員としてA社に入社した30代女性の派遣社員Bさんですが、その仕事への取り組み方や業務態度について派遣先の現場担当者からクレームがありました。

その際の経緯や対応について、営業日報形式でご紹介します。

派遣会社営業担当が、どんな事を考えて問題解決をしているのかがお分かり頂けます。是非ご覧ください。

 

対応経緯

派遣先D課長の狙いは?

「C部長とBの二人が長いこと二人きりでこもっていた会議室に後からあんたが入って行ったのを見た社員がいる。一体なにがあったのか?」

D部長の言葉の端々からはC部長への悪意が感じられるのです。

そもそも私に対する質問としては論点がずれています。

「D課長の配下であるBが、社内の事情で急に派遣先が変わることになる」について私に根掘り葉掘り聞いてるのであれば、まだ理解はできます。

しかしD課長が私に確かめたいのは「C部長とBさんの不倫関係」のようです。

D課長の真意はわかりませんが、D課長もC部長も私にとってはお客様、どちらとも正面切ってモメるわけにはいきません。なんとか話を誤魔化して切り抜けなければいけません。

「そうか。そうするとBはそのままC部長のところに移すってワケ?」

何故なのか少し不満そうに質問してくるD課長。やはりBが急に引き抜かれるのが気に入らないのでしょうか?

「いえ、いずれ社内でもお話が回ってくると思いますが、C部長の配下に派遣先が変わることをきっかけに当社はBから離れることになります」

少し意外そうに「どういうこと?」と聞き返してきます。

「同じA社での派遣契約とはいえ、派遣先の部署も業務内容も変わりますので新たな派遣契約になります。この時点でBという属人が前提になっているのは派遣法の禁止している『特定行為』にあたってしまうと考えておりまして、その懸念を少しでも払拭するために他の派遣会社さんからBを派遣してもらう方がよいのでは?と進言しました」

少し考え込んだ後に、意地悪そうな表情のまま口を開きました。

「なるほど。おたくは上手いことBを厄介払いしたってわけね」

なかなか鋭い洞察です。とはいえ、「はい、そうです」というわけにもいきません。ここも誤魔化しておきましょう。

「いえいえ、そんな厄介払いだなんて」

「色々と三者のリスクを考えたときに最善の策だと思ったのです」

返事代わりなのか、ニヤニヤしながら私を上から下まで舐めるように眺めるD課長。

「わかったよ。そうするとあなたとはもうすぐ縁が切れるってことだね?」

確かにBさんがいなくなれば、D課長の配下に当社の派遣社員はおらず、今後の接点はなくなります。

「はい、そういうことになりますかね・・・」

再びD課長がなにを言いたいのか推し量ることができなくなりました。言葉を慎重に選びながら話さなければなりません。

「御社としてはBがC部長と特別な関係にあることをリスクとして捉えたから、C部長の配下に異動をさせるにあたって契約をすることを拒んだっていう理解でいいかな?」

この質問でD課長の狙いがほぼ推察できました。

おそらくD課長はC部長と社内で敵対関係にあるのでしょう。

部長と課長という役職の違いから、直接的な対立というよりはD課長の上司である部長とC部長との対立関係なのかもしれません。

いずれにせよ、D課長の属する派閥にとって、C部長とBさんとの不倫話は彼の足元をすくう格好の材料ということでしょう。

不倫関係の確証を掴む事は困難ですから、Bさんの雇用主である派遣会社が派遣先部署の変更をきっかけに契約続行を拒んだとなれば、ある程度根拠のある材料になると踏んだのかもしれません。

私から言質をとる事でそのようなことを企んでいるのであれば、うかつな事は言えないのです。

「いえ、あくまで派遣法で禁止されている特定行為を御社・当社双方のリスクと捉えたからです」

「C部長とBの関係については、今回の直接的な判断材料ではありません」

頑なな表情で答えた私の言葉が終わるのを待ちきれなかったようにD課長が質問をかぶせてきます。

「いやいや、だってていのいい厄介払いじゃないか!?違うのか!?」

「いえ、派遣先の部署や業務内容が変わる事はあくまで御社都合ですから。私どもがC部長にお願いしたわけではありませんし」

出来るだけ冷静に答える私。

「ほんとかぁ・・・?」

疑り深く人を見下すような表情で食い下がるD課長。そろそろこの不毛な会話を終わらせたいものです。人の会社の派閥争いに加わったところで私にはなんのメリットもないのです。

「えぇ、私は誰の味方をするつもりもありませんが、Bの派遣先を別の部署の別の業務内容に変えるというので、新規契約ですねと。新規契約であらかじめ人が決まっているのはマズいですから当社では契約ができませんとお答えしたまでです」

「D課長のおっしゃるC部長とBの関係性については、以前も申し上げた通り、そのような関係を証拠づける事は難しい中で、噂話ばかりが先行しているのだとしたら、彼女をどの部署に移したとしても本人がハラスメント被害を主張してくる懸念を払拭することができません」

「そう言った意味ではC部長とBとの不倫関係がリスクなのではなく、C部長とBが不倫関係にあるという『噂話』がリスクなんです」

立て板に水のように建前を崩さずに屁理屈を捏ねる私にD課長はそれ以上の追求を諦めたようでした。

私の本音

その後、Bさんは部署変更を節目に他の派遣会社に雇用契約を変え、C部長の配下に移りました。

当社の派遣社員はC部長の部署にはいないため、Bさんがどのように過ごしているのか窺い知る事はできません。

Bさんが離れて行ったことをきっかけにD課長とも関係がなくなりました。もう彼の横柄な言動に振り回される事が無いと思うと清々します。

それにしても時々考えてしまうのです。

もしかしたらBさんはC部長が差し向けたスパイだったのではないかと。

対立する派閥の一員であるD課長の配下にBさんを潜り込ませることで、なにかしらの弱みを掴もうとしたなんて考えすぎでしょうか。

←前編①   ←前編②   ←前編③

←前編④   ←前編⑤   ←前編⑥

←前編⑦   ←前編⑧   ←前編⑨

←前編⑩   ←前編11   ←前編12

更新情報はTwitterに配信しています。