【派遣会社営業担当のクレーム対応報告】仕事ができすぎる派遣社員Tさんが気に食わない派遣先担当者B課長からのクレーム対応

【派遣会社営業担当のクレーム対応報告】仕事ができすぎる派遣社員Tさんが気に食わない派遣先担当者B課長からのクレーム対応

→続編②   →続編③   →続編④

→続編⑤   →続編⑥   →続編⑦

→続編⑧   →続編⑨   →続編⑩

→続編11

私の担当派遣社員としてD社で就業を開始した30代女性の派遣社員Tさんは、非常に優秀で前向きかつ自発的に仕事に取り組み、就業開始早々ながら業務改善や業務効率化では社員以上の成果をあげる人物。

本来であれば派遣先からその働きへの評価や称賛があって然るべきですが、指揮命令者であるB課長はなぜか正しく評価をしてくれず、関係は悪くなるばかりです。

その際の経緯や対応について、営業日報形式でご紹介します。

派遣会社営業担当が、どんな事を考えて問題解決をしているのかがお分かり頂けます。是非ご覧ください。

 

クレーム経緯

●派遣社員TさんはD社で3ヶ月前に営業事務として就業開始した

●D社は全国に支店を持つメーカーで、Tさんの派遣先はその本社営業部の営業事務処理を行う10名程度の事務専門の担当部署である

●Tさんは前職までずっと正社員で勤務しており、育児との両立のために初めて派遣社員として働くこととなった

●Tさんは仕事の飲み込みが早く、OAスキルも高いため、就業開始早々から業務改善や業務効率化の発案を行い、その効果により作業が自動化されたり、段取りが明確になって担当部署全体の仕事の進みが早くなったという成果が現れている

●指揮命令者であるB課長からは、Tさんの仕事への取り組み姿勢や業務成果について評価があって然るべきだが、派遣社員Tさんとフォロー面談を行った際に「一生懸命仕事を頑張っているのに、B課長に評価してもらえないばかりか、良く思われていないように感じる」との相談があった

対応のポイント

派遣社員への対応のポイント

Tさんは育児との両立をきっかけに初めて派遣社員として働くことになりました。

これまで正社員として働いてきた方が初めて派遣社員として働くことになったときに陥りがちなのが、「正社員としての働き方」と「派遣社員としての働き方」の違いをよく理解せずに仕事に取り組んでしまうことによるトラブルです。

  • 正社員時代と仕事への取り組み姿勢を変えずに仕事をすることにより、派遣先から良い評価をされる場合は「前向き、能動的、一人称」、悪い評価をされる場合は「でしゃばり、立場をわきまえていない」といった両極端な評価を受ける
  • 「前向き、能動的、一人称」といった良い評価をされた場合、しばらくは順調に仕事を続けられるが、次第に派遣社員として任せられる仕事の内容の限界を感じたり、正社員のような昇給や昇格といった評価の仕組みが確立していないため、徐々にモチベーションを落としてしまう
  • 正社員時代同様に周りを引っ張っていくようなかたちで仕事に取り組んだ場合、本人の頑張りとはうらはらに「でしゃばり、立場をわきまえていない」などの悪評価を受け、徐々に仕事がやりづらくなり、居場所を失ってしまう
  • 悪評価を受ける場合、その評価は必ずしも派遣先の正社員だけでなく、同僚である派遣社員からも「自分だけ出しゃばって仕事を増やしていくから、私たちにも余計な仕事が回されるようになった」などといった派遣社員同士のトラブルにもつながってしまう

「一生懸命仕事を頑張っているのに、B課長に評価してもらえないばかりか、良く思われていないように感じる」というTさんのコメントから、ハキハキと前向きで周りを巻き込んで仕事をしていくタイプに見えるTさんは、B課長や周りの社員や派遣社員から「でしゃばり、立場をわきまえていない」などという評価をされている可能性があるのです。

派遣社員だから受け身に言われたことだけをやっていればいいなどということはありませんが、人材派遣があらかじめ契約で決められた業務を遂行していくという「職務」をベースにした仕組みである以上、基本的には決められた仕事を粛々と遂行していくという働き方になります。

Tさんへのヒアリングにおいては、初めて派遣社員として働くにあたり、彼女がどのようなスタンスで仕事に取り組んでいるのかを確認するとともに、場合によってはある程度の軌道修正が必要なのです。

派遣先への対応のポイント

Tさんが「一生懸命頑張っているのに、良く思われていないように感じる」と懸念するB課長。

派遣先への対応のポイントはB課長がTさんのような正社員気質の働き方をする派遣社員に対してどのような評価をする人物なのかを見極めることです。

ハキハキと前向きで周りを巻き込んで仕事をしていくTさんに対して、「前向き、能動的、一人称」と評価をするのか?それとも「でしゃばり、立場をわきまえていない」と評価をするのか?

実はB課長の配下には当社の派遣社員がもう一人働いてくれているのです。

その派遣社員を募集した際のB課長の要望には「前向き、能動的、一人称」などという人物像はありませんでした。

仕事柄、どちらかというと黙々と仕事をしてくれる人を望んでいた印象なのです。

B課長の見極めについては、B課長本人だけでなく、もう一人の派遣社員にもヒアリングを行い、補足情報を得てもいいかもしれません。

→続編②   →続編③   →続編④

→続編⑤   →続編⑥   →続編⑦

→続編⑧   →続編⑨   →続編⑩

→続編11

更新情報はTwitterに配信しています。