【続編④】【派遣会社営業担当のクレーム対応報告】仕事ができすぎる派遣社員Tさんが気に食わない派遣先担当者B課長からのクレーム対応

【続編④】【派遣会社営業担当のクレーム対応報告】仕事ができすぎる派遣社員Tさんが気に食わない派遣先担当者B課長からのクレーム対応

←前編①  ←前編②   ←前編③

→続編⑤   →続編⑥   →続編⑦

→続編⑧   →続編⑨   →続編⑩

→続編11  →続編12  →続編13

→続編14  →続編15

私の担当派遣社員としてD社で就業を開始した30代女性の派遣社員Tさんは、非常に優秀で前向きかつ自発的に仕事に取り組み、就業開始早々ながら業務改善や業務効率化では社員以上の成果をあげる人物。

本来であれば派遣先からその働きへの評価や称賛があって然るべきですが、指揮命令者であるB課長はなぜか正しく評価をしてくれず、関係は悪くなるばかりです。

その際の経緯や対応について、営業日報形式でご紹介します。

派遣会社営業担当が、どんな事を考えて問題解決をしているのかがお分かり頂けます。是非ご覧ください。

 

対応経緯

派遣社員Tさんと作戦会議

「派遣社員は差別されていると感じる」というTさん。

頑張っているのに評価されるどころか、直属の上司に良く思われていないと感じているのですから無理もありません。

これまで正社員でバリバリと仕事をしてきたTさんが、初めて派遣社員として働く中でその矛盾に苦しみ、それが故にB課長から悪評価を受けているのだとすれば悲しいことです。

人材派遣の仕組みや派遣社員の働き方について客観的な説明交えて、Tさんに現状を理解してもらうことには成功しました。

「ではTさん、ちょっと作戦会議しましょうか」

私からの投げかけに怪訝な表情を浮かべます。

「いえね、ここまでのお話を踏まえてTさんが今後どのようにD社で働いていきたいかというお考えを確認したいのと、それを踏まえて私がB課長にどうアプローチをしていこうかってことです」

「あぁ・・・」と呟くTさん。

「そうですね・・・これまでのお話をまとめると、D社、というかB課長は派遣社員にどんな仕事ぶりを求めているかってことですよね?」

なかなか理解の早いTさん。高いスキルは伊達ではありません。

「そうですね。おっしゃる通りです」

「まずはB課長が派遣社員に、Tさんにどのような仕事ぶりを求めているのかの確認が必要ですね」

「ただ、B課長と話をする私として事前に知っておきたいのが、TさんはD社でどんな仕事の仕方をしたいのかということです」

「お考えをB課長に丸のまま伝えるつもりはありませんが、仮にTさんが『契約として求められている仕事はもちろん、一歩先を進んで業務改善や業務効率化なども手掛けたい』という希望でしたら、B課長との話の流れ次第では明確にTさんのスタンスを伝えて、周りの社員や他の派遣社員に対しても『Tさんの業務内容は他と少し違う』といった立ち位置を作ってしまうことはできないかなって思ったんです」

もちろんそんなことが簡単にできるとは思っていません。さらにはB課長がそんなことを望んでいるとも思ってはいないのです。

確認したかったのは実務になんの権限もない社外の人間である私が、夢物語のような話をしたときにTさんがどのような反応をするのかということです。

現実を踏まえずに自分の考えや要望を押し通そうというタイプなのか、それともある程度現実を見ながら妥協点を見出していくタイプなのか。

返答によって、Tさんのタイプがわかるとともに、Tさんの職場での振る舞いもある程度想定することができるのです。

「そうですね!私としては派遣社員という型にはまった仕事の仕方よりも、ある程度裁量を持たせてもらって、自分で工夫をしながら仕事を作っていく方が向いていると思います!」

「派遣会社の営業の方にはそういう交渉もしてもらえるんですか?」

目の前の霧が晴れたように明るい表情で少し身を乗り出しながら答えるTさん。

それが良いとか悪いということではありませんが、想定したよりも自らの働き方に対するこだわりは強いようです。

「交渉というよりは両者の間に立っての調整ですね」

「ですから、Tさんの希望通りになるかはわかりません」

「ただ、Tさんのお考えは理解したので、次はB課長のお考えを確認した上でまた相談をさせてください。私としてはTさんに引き続きお仕事を続けて欲しいと思っていますが、両者の考えを確認することで、Tさんが派遣社員という働き方があっているかどうかとか、D社で派遣社員として働くということがあっているかどうかといったことがわかると思うんです」

「今みたいに『頑張っているのにB課長から良く思われていない気がする』というようにモヤモヤとしているよりも、ちゃんと材料を揃えて今後の働き方を判断していく方が健全だと思うんですよ」

私からの説明にTさんは答えます。

「・・・そうですね。私としても自分に求められていることが、自分のやりたいと思う働き方に全くあっていないならやっぱり長くは続けられないと思います」

「派遣社員という立場でD社の正社員みたいな働き方を期待されているかはわからないですけど、営業さんから確かめてもらうことで今後のことも判断できると思うので・・・」

大体の認識合わせは済みました。

つまりTさんは自分の希望を無理に押し通すような人物ではなく、いたって常識的な理解の中で自分の働き方の指向性と、派遣社員という働き方のミスマッチを強く感じていて、私が間に立ってB課長に改めてD社の求める「派遣社員像」を確認することで、今後の進退を決めようと考えているのです。

←前編①  ←前編②   ←前編③

→続編⑤   →続編⑥   →続編⑦

→続編⑧   →続編⑨   →続編⑩

→続編11  →続編12  →続編13

→続編14  →続編15