【続編⑦】【派遣会社営業担当のクレーム対応報告】仕事ができすぎる派遣社員Tさんが気に食わない派遣先担当者B課長からのクレーム対応

【続編⑦】【派遣会社営業担当のクレーム対応報告】仕事ができすぎる派遣社員Tさんが気に食わない派遣先担当者B課長からのクレーム対応

←前編①  ←前編②   ←前編③

←前編④   ←前編⑤   ←前編⑥

→続編⑧   →続編⑨   →続編⑩

→続編11  →続編12  →続編13

→続編14  →続編15

私の担当派遣社員としてD社で就業を開始した30代女性の派遣社員Tさんは、非常に優秀で前向きかつ自発的に仕事に取り組み、就業開始早々ながら業務改善や業務効率化では社員以上の成果をあげる人物。

本来であれば派遣先からその働きへの評価や称賛があって然るべきですが、指揮命令者であるB課長はなぜか正しく評価をしてくれず、関係は悪くなるばかりです。

その際の経緯や対応について、営業日報形式でご紹介します。

派遣会社営業担当が、どんな事を考えて問題解決をしているのかがお分かり頂けます。是非ご覧ください。

 

対応経緯

「一生懸命仕事を頑張っているのに、B課長に評価してもらえないばかりか、良く思われていないように感じる」というTさん。

同じ部署で就業するベテラン派遣社員のFさんは「Tさんに対する大半の人の意見は『余計なことをしてくれるな』だと思う」と言います。

その過剰なまでの前向きさからB課長と正面切って対立している経緯もあるようで、派遣社員Tさんの「これまでの経験やスキルを活かして一人称に自ら仕事を組み立てながらやっていきたい」という希望と、派遣先の派遣社員に対して求める働き方に折り合いはつきそうにありません。

いずれにしてもこのまま放っておいては大きな諍いごとにつながるだけでしょう。

私が間に入って調整を行うことで、派遣社員・派遣先どちらにとって都合の良い結論になるのかは分かりませんが、「労働力の仲介業」たる派遣会社の営業担当として結論に至る筋道を立てておくことは役割の一つだと考えているのです。

派遣先B課長との打ち合わせ

「申し訳ありません。B課長、お忙しいところお時間を頂いてしまいまして・・・」

当社の派遣社員Fさんからの話にもありましたが、B課長は50代半ばで数ヶ月後には役職定年を迎える課長職です。

以前から少し理屈っぽく偏屈に感じるところはありましたが、無茶な要求をしてくるようなところはありません。

担当部署10名のうち、8名までもが派遣社員という人員構成の部署の責任者らしく、外部人材である派遣社員にD社内の企業文化や日本のサラリーマンに求められらがちな以心伝心・滅私奉公といったメンタリティーを求めるようなこともなく、逆に言えば「派遣は派遣なりの仕事をしてもらう」と仕事においても、派遣社員との日常の関わりのなかでも一線を引いているようなところを感じます。

ただ、それはおそらく「私は派遣だから」と良くも悪くも生計のために割り切って働く派遣社員にとっては心地よいものであり、派遣社員が働きやすい職場作りに一役かっているとも言えるのです。

派遣社員の多い職場の責任者は、自らの会社に勤める正社員に比べ、働き方のベクトルが全く違う人材を束ねていくなかで、幾度も痛い思いしながらその人なりのマネジメントスタイルを作り上げていくようです。

「派遣だって相応の金を払っている以上、しっかり働いてもらわなければいけない!」などと鼻息の荒い派遣先担当者に比べると、それはある意味、達観したような心情であり、私のような派遣会社の営業担当からすると、B課長のように派遣社員に対して「あきらめ」と「派遣という働き方に期待する相応のアウトプット」のバランス感覚を持った派遣先担当者はやりやすい相手だと感じます。

「いぇ、大丈夫ですよ。今日はどうしたんですか?」

淡々と答えるB課長。

「数ヶ月前からお世話になっている当社の派遣社員Tなんですが、先日本人と面談をさせて頂きまして・・・」

私がセリフを続けようかと一旦間を置いたタイミングで、珍しくB課長が言葉をかぶせてきたのでした。

「Tさん、何か言ってました?」

いつもポツリポツリとコメントするB課長のキャラクターと違う言葉の勢いに、少し驚いた私は焦って答えます。

「いえ、なにかと言いますか、質問に質問でお答えして申し訳ないんですが、そのご質問のされ方ですと、何かお気になるところがございますか?」

B課長は少し考えてから「いや、まずはそちらの話をうかがいましょう」と答えます。

「かしこまりました。本人がどう言っていたかというよりも、私が本人の話を聞いて気になったというお伝えの仕方なのですが・・・」

「彼女の経験値やスキルが高いことは本人の話からも窺い知れるんですが、どうもこちらでの仕事に対して前向き過ぎると言いますか、ずいぶん前のめりなコメントが多く聞こえたものですから、意気込みは良いとして、実務上おかしなことなっていないかと心配していまして・・・」

少し間を置いて、B課長が普段より低いトーンで答えます。

「・・・それはどういう意味ですか?」

私はTさんと面談した事実をそのまま伝えるという方法ではなく、Tさんとの会話の中で派遣会社の営業担当として感じた懸念点を表明するという伝え方を選びました。

「共感」を求める女性相手の議論では順序を変えることもありますが、B課長のような理屈屋さんの年配男性には私なりの考えや結論から話を進めていく方が進みが早いのです。

そしてB課長からその意味合いを問われます。

いきなり議論の大事な局面を迎えたことになり、ここで的を得た答えを返していくことが今後の議論の成功につながるのです。

←前編①  ←前編②   ←前編③

←前編④   ←前編⑤   ←前編⑥

→続編⑧   →続編⑨   →続編⑩

→続編11  →続編12  →続編13

→続編14  →続編15