【続編11】【派遣会社営業担当のクレーム対応報告】仕事ができすぎる派遣社員Tさんが気に食わない派遣先担当者B課長からのクレーム対応

【続編11】【派遣会社営業担当のクレーム対応報告】仕事ができすぎる派遣社員Tさんが気に食わない派遣先担当者B課長からのクレーム対応

←前編①  ←前編②   ←前編③

←前編④   ←前編⑤  ←前編⑥

←前編⑦   ←前編⑧   ←前編⑨

←前編⑩  →続編12  →続編13

→続編14  →続編15

私の担当派遣社員としてD社で就業を開始した30代女性の派遣社員Tさんは、非常に優秀で前向きかつ自発的に仕事に取り組み、就業開始早々ながら業務改善や業務効率化では社員以上の成果をあげる

人物。

本来であれば派遣先からその働きへの評価や称賛があって然るべきですが、指揮命令者であるB課長はなぜか正しく評価をしてくれず、関係は悪くなるばかりです。

その際の経緯や対応について、営業日報形式でご紹介します。

派遣会社営業担当が、どんな事を考えて問題解決をしているのかがお分かり頂けます。是非ご覧ください。

 

対応経緯

さて派遣先B課長との打ち合わせが終わり、B課長がTさんに対して、派遣社員に対して求めることがはっきりしました。

つまりTさんの希望する「自律的に主体的に仕事に取り組んで、通常業務だけでなく仕事の組み立てや効率化などにまで手を伸ばしたい」といった働き方は望まれていないということです。

正社員であれば当たり前に求められるこのような仕事へのスタンスですが、派遣先にはよるものの、その前向きさがむしろ職場でのトラブルに繋がることも多いのです。

もともと「〇〇という業務を遂行してほしい」と業務内容を明確に指定して契約される人材派遣という働き方では、その枠組みをはみ出すよな働き方は契約上期待されていません。

正社員より安い人件費で正社員なみの仕事ぶりをしてくれる派遣社員がいれば願ったり叶ったりと好意的に受け止める派遣先もいるにはいるのですが、それはその時々の派遣先の担当者の考えに由来する不確かなものです。

これまで高い評価を受けて意気揚々と仕事をしていた派遣社員が人事異動で新しい担当者が着任したことをきっかけに「派遣にこんな責任の重い仕事をさせるなんておかしい」とどんどん仕事を外され、結果本人からの退職といったケースを何度も見聞きしています。

今回のB課長の配下にある営業事務に特化して同じような業務を複数の派遣社員が集まって行う組織では、必要以上に自発的に仕事の幅を増やしていくと他の派遣社員から「余計な仕事を増やすな」「言われたことを言われたようにやれば良い仕事のはずなのに、責任範囲を広げるようなことをするな」など、身内からの批判にも繋がりかねません。

Tさんには申し訳ないのですが、こればかりは仕組みの問題であり、丁寧に説明をすることで理解を得ていくしかないのです。

派遣社員Tさんへのフィードバック

「Tさん、すみませんね、お時間頂いて」

先日のTさんとの面談から1週間ほど経ちましたが、前回に比べるとTさんの表情は暗いように感じます。

「この前の面談でTさんの今後の働き方についてB課長と色々確認をしてみるって話をしたじゃないですか?その打ち合わせができたんでご報告にあがったんですが・・・」

うつむいて心ここに在らずといった表情のTさん。

「・・・Tさん?何かありました?元気がないように感じますけど・・・」

私からの質問にどう答えようかと迷っているのか、少し間を開けてからポツポツと話し始めます。

「・・・実は昨日職場の派遣の人と少し言い争いになっちゃって・・・」

なるほど、そういうことでしたか。同じ職場で働く当社の派遣社員Fさんの話によると、すでにTさんの評判は良くなかったようでした。

もしかしたら仕事のやり取りの中で「前の会社ではこうだった」とか「そのやり方は効率が悪い」などと余計なことを言ってしまったのかもしれません。

「どんなことがあったんですか?」

俯き加減のままTさんが口を開きます。

「他の派遣会社の人なんですけど、あんまりにも仕事が遅くてOAスキルも低いから好意で教えてあげてたんです」

「そうしたらなにか言い方が悪かったのか突然怒り出して・・・」

「結構大きな声で『入ってきたばかりのあなたに、なんでそんな上から目線で言われなきゃいけないの!?』って・・・」

「私、そんなつもりなかったのでびっくりして、『そんなつもりはないです』って言ったんですけど、逆に『あなたは入ってきた当時からそうだった』みたいに言い返されてしまって」

「周りの人達が止めてくれるかなって思ったら、みんなこっちを向いているのに無言で・・・」

「なんというか、無言で彼女の意見に賛成してるっていうか、『あぁ、この職場に私の味方はいないんだ』って感じてしまって」

「最後はB課長が『まぁまぁ』って止めてくれたんですけど、彼女の意見を正すわけでもなくて、結局私は上から目線の感じが悪い新人っていう結論のままなぁなぁに終わってしまった感じなんです」

一体Tさんがその方に何を言ったのかわかりませんが、Fさん曰く、この職場にはそれほど個性も主張も強い人はいないということでしたから、Tさんの物言いによっぽど腹を据えかねたのかもしれません。

もう少し詳しく状況を確認しなければいけませんが、どうやら状況は「Tさんの働き方に対するスタンスの相違」といった抽象的なものではなくなってしまったようです。

上司をはじめ、職場のメンバーの大半から批判的な目線で見られてしまっているであろうTさんに対してどのような問題解決を図っていきましょうか。

←前編①  ←前編②   ←前編③

←前編④   ←前編⑤  ←前編⑥

←前編⑦   ←前編⑧   ←前編⑨

←前編⑩  →続編12  →続編13

→続編14  →続編15