【派遣会社営業マンの日々の出来事】赤いレンタサイクル、ドコモバイクシェアで都内を快適移動

【派遣会社営業マンの日々の出来事】赤いレンタサイクル、ドコモバイクシェアで都内を快適移動

都心のオフィス街は駅だらけ

派遣会社営業マンである私は、とにかく都心の各所を行ったり来たりしています。

都心部は地下鉄網やバス網が張り巡らされているので、公共交通機関での移動に困ることはないのですが、都心の移動に慣れてくると、駅と駅の間が意外と近いことに気がつきます。

例えば都心の真ん中にある日比谷公園、この周辺にはかなりの駅が密集しています。

  • 内幸町駅(三田線)
  • 霞ヶ関駅(丸ノ内線/千代田線/日比谷線)
  • 日比谷駅(日比谷線/千代田線/三田線)
  • 有楽町駅(JR山手線/JR京浜東北線/有楽町線)
  • 新橋駅(JR山手線/JR京浜東北線/銀座線/浅草線)
  • 虎ノ門駅(銀座線)

日比谷公園の1〜1.5キロ程度の半径にこれだけの駅が密集しています。

こうなってくると、この近隣のお客さんを営業して回るには電車よりも歩いたほうが効率が良い時も多いのです。乗り換えも意外と時間かかりますしね。

ただ、【派遣会社営業マンの日々の出来事】ビジネスリュックで重たいノートパソコンも快適に持ち運びにも書いた通り、派遣会社営業マンはとにかく荷物が重いのです・・・

そこで見つけた解決策が自転車です!

最近街でよく見かける赤いレンタサイクルの正体は?

都心を歩いていると、赤い電動自転車に乗っているビジネスマンを見かけませんか?

あの赤い自転車はドコモバイクシェアというドコモの子会社が運営しているレンタサイクルです。

その存在は認識していたのですが、使い勝手がわからずに利用しないままでいましたが、ある日気まぐれにインターネットでドコモバイクシェアの使い方を説明したサイトを見つけて、あっという間にヘビーユーザーになりました。

要するにママチャリなので荷物は乗せやすいですし、運転もしやすい。

最初はアプリの使い方や、返却の仕方に戸惑いますが、そこさえ乗り越えれば特に難しいことはありません。

仕事の移動はもちろん、時間があるときは運動不足解消に、本来電車で移動するような距離も利用するようになりました。

料金は時間制で、30分150円。商談中は課金を中断する操作をすればお金はかかりません。

自転車で移動すると、普段の電車移動ではできない発見がありますし、土地勘と言いますか、「この場所とあの場所はこんな位置関係だったんだ!?」というような驚きもあったりします。

ドコモバイクシェアの使い方のコツ

ドコモバイクシェアの使い方を説明したサイトにも書かれていますが、私なりのドコモバイクシェアの使い方のコツをご紹介します。

  • 自転車が置いてあるサイクルスポットに行く前にアプリで自転車の在庫を確認して予約し、無駄足にならないように
  • 自転車によっては充電が切れかかっていたり、パンクしていたりするので要注意
  • サドル部分がママチャリのようなスポンジが多く入っているものと、すぐにお尻の痛くなるスポーツバイクタイプのものがあり、お好みに合わせての選択が必要

とっても健康的なドコモバイクシェアのレンタサイクル、是非一度お試しください。

更新情報はTwitterに配信しています!